株式会社ストライプインターナショナル
正社員・アルバイト求人情報

ブランドの特徴と
大切にしていること

オフタイムに身につけたいのは、自分を解き放ってくれる心地よいアイテム。セブンデイズサンデイ(SEVENDAYS=SUNDAY)はアクティブでいたいときも、のんびりとリラックスしたいときも、ずっと一緒にいられるブランドです。

オフタイムに身につけたいのは、自分を解き放ってくれる心地よいアイテム。セブンデイズサンデイ(SEVENDAYS=SUNDAY)はアクティブでいたいときも、のんびりとリラックスしたいときも、ずっと一緒にいられるブランドです。

商品通してオフタイムのライフスタイルを提案する

初のメンズラインを伴って2012年に誕生

セブンデイズサンデイ(SEVENDAYS=SUNDAY)は、ストライプインターナショナル(STRIPE INTERNATIONAL INC.)が初めてメンズを手掛けたブランド。メンズ・レディース・キッズを同一ブランドで展開したのも初の試みです。一から作り上げていく面白さをスタッフ全員で感じながら、ブランドを育ててきました。
コンセプトは、ブランドの名が表す通り「太陽と一緒に心地よい時間を過ごせるようなオフタイムカジュアル」。単に商品を売るのではなく、オフタイムの過ごし方をまるごと提案しています。取り扱うアイテムは、身につけることで自然とポジティブな気持ちになれるものを厳選してきました。
ターゲットとする層はかなり広め。20代から30代の男女を中心としつつも、さまざまな年齢の方から支持されるブランドであり続けるのが目標です。
一号店は2012年の4月にダイバーシティ東京にオープン。その後、着々と増え続けて2016年には60店舗を超えました。2015年9月には台湾へ初の海外出店も実現するなど、ブランドスケールも大きくなってきています。
ビーチやキャンプ、BBQ、旅行はもちろん、お休みの日のちょっとしたお散歩まで。オフタイムだからこそ、自分らしくいられる心地よいアイテムを身につける。セブンデイズサンデイが大切にしたい時間です。

デザインはアメカジがベース。長く着られる丁寧な服作り

デザインはアメリカン・カジュアルベース。ディティールや縫製、パーツにアメリカ古着のテイストがほんのり感じられる作りです。ジップやボタンなどもきっちり仕上げてあるのが自慢。長く着続けていただいた後に「この服ってこんなに丁寧に作られていたんだ」と気づいてもらえたらうれしいです。
トレンド感は重要ですが、あまり全面には出さないようにしています。特にメンズのカジュアルはアイテム単体ではトレンド感が出しづらいもの。アウトドア、スポーツ、ミリタリー、ユーズドなど、テイストの違うアイテムを少しずつ取り入れることで、セブンデイズサンデイらしいトレンドの演出ができればと考えています。
レディースもアメカジテイストを踏襲したデザインです。女性らしい抜け感のあるシルエットのアイテムがありつつも、全体的にはボーダーレスな雰囲気。メンズカジュアルをレディースに落とし込んだメンズ派生のアイテムがあるのがセブンデイズサンデイ(SEVENDAYS=SUNDAY)らしさ。ボーイズのアイテムを女性が着ているような雰囲気で、大人キュートを作れちゃいます。
キッズアイテムは大人のものよりもちょっぴり古着感がアップしているのが特徴。サイズは100cm~130cmまでの4サイズ展開です。キッズラインも大人サイズ同様に男の子でも女の子でも着こなせるアイテムが充実。大人顔負けの本格的なディティールで仕上げているので、着心地や格好よさも抜群です。

他の企業とのコラボも。“外”との繋がりを楽しんで

ユニークなコラボレーションアイテムが好評

他企業とのコラボレーションも積極的に行っています。たとえば、女性に人気のライフスタイル雑誌『Mart(マート)』とコラボレーションして作ったのは人気のメイソンジャー。読者の方の意見を取り入れつつ、セブンデイズサンデイ(SEVENDAYS=SUNDAY)らしさを出せるように、編集部の方とプレス担当が何度も打ち合わせをして制作しました。オフタイムのワクワクした気分を盛り上げる、クールなブルーの「SATURDAY」と明るいレッドの「SUNDAY」の色使いに、ライフスタイル雑貨ライン「home」のロゴがさりげなく入った四角形のお洒落なフォルム。ハンドル付きなので子どもでも楽々持てる上、冷蔵庫からも取り出しやすいのが自慢です。
ちょっと変わったコラボといえば、「グレムリン」30周年を記念して作られたセブンデイズサンデイ限定オリジナルカラーの『ギズモ』。足の裏にセブンデイズサンデイを模した「7」の文字が刺繍された青のギズモは、ドイツのぬいぐるみブランド「NICI(ニキ)」とのコラボレーションでした。
埼玉西武ライオンズとオフィシャルグッズをコラボでは、Tシャツやパーカー、トートバック、キャップ、パスケースとそのまま応援に行けそうなアイテムをラインナップ。キティーちゃんならぬ、X JAPANのyoshikiさん的な風貌の人気キャラクター「yoshikitty」とのコラボアイテムも、ハードな可愛さが人気です。
オフタイムをもっと楽しくするためにコラボも遊び心いっぱい。これからもアパレルブランドらしからぬ一味違ったブランドミックスをお楽しみに!

イベントへも積極的に出店。アウトドアが似合うブランドへ

セブンデイズサンデイ(SEVENDAYS=SUNDAY)はアウトドアで過ごす休日にもぜひ連れて行ってほしいブランド。だからこそ自らもどんどんお店の外に飛び出すのがセブンデイズサンデイ流です。
たとえば、ファッション、アウトドア、ライフスタイルを提案する雑誌「GO OUT」が主催して富士山の麓で行われたキャンプイベント“GO OUT CAMP”に出店。自然が似合うアパレルやグッズを中心に販売しました。人気NO.1だったのは、アウトドア感満載のチェックネルシャツ。芝生の上に張られた「SEVENDAYS=SUNDAY」のロゴが入ったテントは、終日たくさんのお客様で賑わいました。
そのほか、自然・オーガニック・アウトドアの空気感を楽しむイベント"Acoustic Village”( アコースティックヴィレッジ)にも参加。“樹々の温もりが感じられる会場で、親子で一日中楽しむ”というイベントのコンセプトはセブンデイズサンデイが得意とするところです。ウッドデッキの上に構えたお店ではアパレルや雑貨の特別販売を行いました。
青空の下が似合うのがセブンデイズサンデイ。イベントなどで見かけたらぜひ遊びに来てくださいね。

PAGETOP